So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

狂画の鬼才「河鍋暁斎」(その二) [河鍋暁斎]

(その二)「鳥獣戯画 画稿」

猫又と狸.jpg

「鳥獣戯画 画稿 猫又と狸」一面 紙本淡彩 河鍋暁斎記念美術館 制作年不明
五三・二×六〇・六cm

梟と狸の行列.jpg

「鳥獣戯画 画稿 梟と狸の行列」一面 紙本淡彩 河鍋暁斎記念美術館 制作年不明
五七・五×六〇・八cm

「鳥獣戯画」は、伝鳥羽僧正覚猷(1053~1140)の「鳥獣人物戯画」に遡る古い画題だ。しかし暁斎の鳥獣戯画は、妖しき世界を醸し出している。実際、赤いチャンチャンコを着た猫は、尻尾が二つに分かれた妖怪「猫又」であり、狸も頭に木の葉を載せ、今まさに変化(へんげ)するところ。一方、行列をなす動物たちも曲者(くせもの)で、狐は頭に髑髏を載せた化け狐。烏帽子をつけた梟が先導し、狸が木葉を着て化け狐に乗り、蛙はその狸に大笠を差しかけている。この怪しい行列は一体何に化けるのか……。こうして動物たちさえ擬人化し、表情豊かに描く暁斎の筆力は、どこから生み出されたのだろう。暁斎にとって「写生」とは、あらゆる動物の骨格、構造や瞬間の動きを記憶してしまうことだった(モーテイマー・メンピス談)。日々写生に勤(いそ)しんだという暁斎の驚くべき記憶力と再現力があって生み出された、魅力溢れる鳥獣戯画だ。
『別冊 太陽 河鍋暁斎 奇想の天才絵師 (監修=安村敏信)』所収「作品解説(加美山史子稿)」


共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。